理想的な小顔は卵型

女医

小顔を妨げる原因に留意

話題沸騰中のボトックス注射は手軽に受けられる小顔治療ですが、この施術を検討している際は、小顔を妨げている原因に留意しておきましょう。咬筋の膨らみが原因であればボトックス注射は非常に効果的でも、エラ骨その物が張り出している場合は、骨格構造まで改善する力はありません。とはいえ全く効かない訳ではなく、咬筋が発達しているならその肥大は問題なく改善できます。ですから骨格にも原因がある時は、そのことに気を付けた上でボトックス注射を受けると良いでしょう。また、エラ骨が張っているから自分には不向きだと諦めず、一度美容整形外科で診てもらうのも得策です。咬筋の張りを抑えるだけでも予想以上に小顔効果が得られるかもしれませんから、希望は捨てないようにしましょう。そして、小顔を妨げる原因が贅肉にある場合ですが、このケースもボトックス注射では対応できないため注意が必要です。ただし咬筋肥大と贅肉の両方が要因で顔が大きくなっている状況なら、ボトックス注射と脂肪溶解注射の併用治療が有効になります。同時に申し込めば料金が安くなる美容外科もあるので、その点にも留意しながら各クリニックの料金を比較してください。あるべき部分のボリュームは増やし、余分な余白を小さくするのが理想的な小顔治療です。例えばボトックス注射はエラの咬筋のボリュームダウン目的に利用できますが、もしもアゴ先にボリュームがなければ、エラをスリムにしても顔は依然四角く見えやすいのです。このためボトックスのエラ治療を利用する時は、単にエラを改善するだけでなく、卵型の小顔を目指すと良いでしょう。そこで検討しておくと良いのがヒアルロン酸注射であり、これでボリュームが足りない部分を整形すれば、美しい卵型の小顔に近付けます。ボトックス治療にはこのようなコンビネーション施術といった活用法があるので、状況に応じて利用してみてください。そして、ボトックスの小顔施術では咬筋を狙って注射するほか、皮膚の浅い位置で作用させるボトックスリフトという方法もあります。これは加齢などで下垂した皮膚を、タイトニング効果でリフトアップして小顔にする美容治療です。エラの皮膚が垂れ下がっている場合にも活用できるため、小顔を妨げている原因がたるみにある時は魅力的になります。

Copyright© 2018 顔を小さくするならボトックスエラで【段々細くなっていく】 All Rights Reserved.